Top >  ブランディング > ブランディングの第一歩

ブランディングの第一歩

ブランディングって難しく見られがちですが、
ポイントさえ押さえておけば簡単にブランディングされます。
もちろんジャンルによりますが。


ブランディングの大前提として必要なのが、
自分の個人情報を出すというのがあります。
ぶっちゃけこれだけである程度はブランディングされます。


ニックネームよりは本名を出したほうがいいです。
男か女か判らないような名前でビジネスをやっている人がいますが、
かなりの損をしています。


出す情報というのは出来るだけ細かいほうがいいです。
名前なら、「坂口」よりは「坂口勇人」
住所なら、「千葉県」よりも「千葉県柏市」
誕生日なら、「3月13日」よりも「吉永小百合と一緒の3月13日(〃▽〃)」


って感じで、個人情報は出来るだけ出したほうがいいのです。


こんなんでブランディングされるのかって思われるかもしれませんが、
一定数からはブランディングされます。
世の中には、ホームページを持っているというだけで尊敬する人がいるのです。


そして、そのホームページの管理人が自分と近い境遇の人だったら、
ブランディングもされますし、共感される可能性も高いです。


なので、共感される要素は出来るだけ多く出しておいたほうがいいわけです。
ただ、気をつけてほしいのは、何でもかんでも出せばいいってもんじゃないです。


例えばリストラされて無職という事実があったとします。
これが過去の話で今現在華々しい生活を送っているならいいんですが、
今現在無職という話だと、ブランドを下げる可能性が高いです。


ということで、出すべき情報と出さないほうがいい情報のすみわけをしましょう。

メールマガジン購読

メルマガ登録・解除
読者登録規約
 

ブランディング

主にブランディングの方法について解説しています。
関連エントリー
何かを主張したら答えを書く誰に対してブランディングするか?ブランディングの第一歩